投資

つみたてNISAの設定を変更、楽天VTIとeMAXIS Slim全世界(除く日本)を選んだ理由

こんにちはアイリーです

今回つみたてNISAの設定を変更しました

結論から言うと

今まで6本のファンドに分けていた投資信託を

楽天VTIとeMAXIS Slim全世界(除く日本)の2本にしぼりました

つみたてNISAでスーパーVIPになれなくなった

今までは下記の6本に毎日つみたてしていました

楽天・全米株式インデックス・ファンド

eMAXISSlim米国株式(S&P500)

eMAXISSlim先進国株式インデックス

SBI・新興国株式インデックス・ファンド

eMAXISSlim国内株式(日経平均)

eMAXISSlim全世界株式(除く日本)

理由は1つ

楽天銀行のハッピープログラムでスーパーVIPになるためです

毎日積み立てることで取引回数が増え(毎日15件まで)

スーパーVIPにすぐなれていたのですが

2019年6月の改悪でつみたてNISAでの取引が月3回までしかカウントされず

つみたてNISAの毎日つみたてで取引回数をかせぐことができなくなりました

こうなるとファンドをわける必要もなくなったので

今回つみたてNISAのファンドを絞ることとしました

つみたてNISAは楽天VT、楽天VTIもしくはeーMAXISシリーズで決まり

結論から言うと

楽天VTIとe-MAXIS全世界株式(除く日本)の2本にしぼりました

ではどうやって投資ファンドを選んだのか?

自分が選んだ理由は

・そのお金はどのような用途で使うのか

・投資先はどこの国か?アメリカor全体?

・信託報酬が低いのから選ぶ

・純資産額は?

このような観点から選びました

どのような用途で使うお金なのか

自分がつみたてNISAを行う理由はこの2つです

自分の資産形成のために

こどもの教育資金のために

・自分の資産形成のために

自分は今31歳でつみたてNISAはあと19年行えます

また投資したお金は資産形成のためと割り切っているのでリスクをとった投資で

資産を増やしていきたいと考えています

リスクをとって資産を増やすことに特化した場合

やはりアメリカの株式に投資することが一番だと考えました

なぜ楽天VTIなのか?

それは本家VTIがアメリカで絶大な人気を誇るETFであるからです

どのぐらい凄いのかというと運用資産額5.4兆ドル

日本円にして約600兆円

もうこの莫大な資産に乗らない手はないでしょう

またS&P500に連動した

eMAXISSlim米国株式(S&P500)

とも迷いましたが

VTIがアメリカの株式99%をカバーしており

それに対しS&P500は上位500社カバー率は約75%です

VTIの方がより分散できており

また今までの実績もVTIの方が優れていることから楽天VTIでつみたてを行うこととしました

子どもの教育資金のために

もうひとつの理由はこどもの教育資金のためです

自分の資産形成のようにリスクをそこまでとることは出来ないため

リスク許容度を下げつつもリターンを得られるように考えた際

自分が出した答えが

eMAXISSlim全世界株式(除く日本)でした

またなぜオールカントリーではなく除く日本にしたのかは

教育資金は使う機会があらかじめ予測されており

その期間内に日本がこれ以上の経済成長を見込めるのかという不安要素が大きかったので

eMAXISSlim全世界株式(除く日本)という答えになりました

もちろん別で現金でのつみたても行っており

教育資金として使う際に株式が暴落した時のバックアップはとってあります

そのうえでつみたてNISAの枠内で教育資金を貯めようと考えました

結論

今回の変更で

毎月2万円を楽天VTIに

毎月1万円をeーMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

に投資するように変更しました

また楽天証券のつみたてをマネーブリッジを使った毎日つみたてとしていたのを

楽天カード決済の毎月つみたてとしました

毎月にすることでお金の出入りがわかりやすくなり

つみたてNISAの管理がやりやすくなりました

今後はこの方法でしばらく様子をみてみようと思います

最後までお読みいただきありがとうございました