投資

10万円からはじめるスワップ投資におすすめFX会社それぞれの特徴

こんにちは小遣い投資家の味方アイリー(@irieblog)です

今回は10万円からはじめるスワップ投資

おすすめのFX会社について解説していきます

アイリー
アイリー
スワップ投資がしたいんだけどFX会社が多すぎてどれにしたらいいのかわからないよ
ラスタ先生
ラスタ先生
スワップ投資がしたいのならまずはどこの国に投資するのかを選ばないと
1月15日 更新 1日のスワップ (スプレッド)
メキシコペソ トルコリラ 南アランド 豪ドル アメリカドル カナダドル
みんなのFX 15  (1.8銭) 120  (1.8銭) 16   (1.8銭) 34   (0.6銭) 54   (0.3銭) 55   (1.6銭)
LIGHT FX 15  (1.8銭) 120  (1.8銭) 16   (1.8銭) 34   (0.6銭) 54   (0.3銭) 55   (1.6銭)
FXプライムbyGMO 15  (1.9銭) 85   (4.8銭) 16   (3.0銭) 25   (1.3銭) 70   (0.6銭) 35   (1.7銭)
ヒロセ通商 6   (1.9銭) 120  (1.9銭) 15   (1.0銭) 50   (0.7銭) 45   (0.3銭) 5   (1.7銭)
GMOクリック証券 12  (1.9銭) 100  (1.9銭) 13   (1.0銭) 38   (0.7銭) 79   (0.3銭) 37   (1.7銭)
SBIFXトレード (4.8銭) 13(0.99銭) 38 72
DMMFX 12 31 66
外為ジャパン
JFX
マネーパートナーズ

みんなのFX

メリット

スワップポイントが業界高水準

スプレッドが業界最狭水準

ポジションを決済せずにスワップポイントのみの引き出しが可能

1000通貨から取引可能

デメリット

取り扱い通貨ペアが少ない

トレイダーズ証券[みんなのFX]

LIGHT FX

メリット

デメリット

 

トレイダーズ証券【LIGHT FX】

FXプライムbyGMO

メリット

約定率が100%で信頼性が高い

すべるリスクが少ない(サーバーダウンで取引できないこと)

無料のオンラインセミナーがある

デメリット

1000通貨から取引できるが1万通貨以下だと

取引手数料がかかる(1通貨当たり3銭)

スプレッドが他所と比べて広い

毎月デザイン更新728×90

ヒロセ通商

メリット

豪ドルのスワップポイントが業界最多

スキャルピングを公認

オリコン顧客満足度4年連続1位

デメリット

スプレッドが固定ではないので大きく開くことがある

 

FX取引ならヒロセ通商へ

GMOクリック証券

メリット

ドル円のスワップポイントが高い

システムメンテナンスの時間がない

FXの取引高が世界1位

デメリット

最小取引が1lot=1万通貨

他のFX会社のほとんどが1000通貨で取引できるので

少額での取引には不向きになります

ロスカット時に手数料がかかる(1万通貨ごとに500円)

 

SBIFXトレード

メリット

 

デメリット

 

SBI FX

DMMFX

メリット

FX口座数国内NO.1

スプレッドが最小

LINEでのお問い合わせが24時間対応

デメリット

通貨ペア数が20通貨しかない

最小取引が1lot=1万通貨

他のFX会社のほとんどが1000通貨で取引できるので

少額での取引には不向きになります

DMM FX

外為ジャパン

メリット

無料のセミナーが定期的に開催されている

老舗のFX会社

デメリット

約定率が弱く相場が荒れている場合決済が通らないことがある


JFX

メリット

スキャルピング公認

豪ドル/円 ニュージーランド/などのスワップポイントが高い

デメリット

 

JFX株式会社

マネーパートナーズ

メリット

約定率が高く安全制も高い

スプレッドが狭い

デメリット

スワップポイントが低い

 

青色0.3銭